メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

税金の無駄遣い 会計検査院はガス抜きだけか

松尾貴史さん作

 米軍普天間飛行場の移設計画で、建設が強行されている沖縄・辺野古の工事現場の警備費に、日当が1人当たり4万~6万円近くも出ているという。ところが警備員本人には1万円しか渡されていない。2年間で77億円も使われている計算になる。入札は1社応札で、しかも業者の言い値だったとも伝えられている。政府が「税金は湯水のように自由に使わせてもらえる金だ」と思っていることの結果だろう。

 遠く離れて、東京電力福島第1原発の事故による被ばくの除染をする作業員にも同じようなことが行われていた。作業が始まってからも汚染の解消は遅々として進まないが、除染会社の利益率は8年間、5割を常に超えている。

 一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」が新型コロナウイルス対策の持続化給付金の事業を約769億円で受注したことについても、同じような意識が通底している。電通、パソナ、トランスコスモスの3社で設立したこの法人から、ほぼ丸投げで電通に再委託している。一体何のための迂回(うかい)なのか…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです