メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

掛け声なし、踊り手はマスク それでも笑顔の阿波踊り 徳島で検証イベント

 コロナ禍での来夏の阿波踊りの実施方法を検証するイベント「阿波おどりネクストモデル」が21日、藍場浜公園(徳島市藍場町1)で始まった。観客席は通常開催時の約5分の1に抑えられたほか、踊り手はマスクやフェースシールドを着用してかけ声も控えるなどの感染予防対策がとられた。22日まで。【松山文音、岩本桜】

「今夏踊れず、楽しさ数倍」

 出演したのは、県阿波踊り協会に所属する有名連などの踊り手約180人。有名連「娯茶平」の岡秀昭連長(79)=同協会副会長=によると、藍場浜公園では5列で踊るのが通例だが、間隔を取るため3列に変更したという。踊り手たちは笑顔で、ぞめきの音に合わせて華麗な手さばきの男踊りや、しなやかな女踊りを披露した。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです