特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

掛け声なし、踊り手はマスク それでも笑顔の阿波踊り 徳島で検証イベント

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 コロナ禍での来夏の阿波踊りの実施方法を検証するイベント「阿波おどりネクストモデル」が21日、藍場浜公園(徳島市藍場町1)で始まった。観客席は通常開催時の約5分の1に抑えられたほか、踊り手はマスクやフェースシールドを着用してかけ声も控えるなどの感染予防対策がとられた。22日まで。【松山文音、岩本桜】

「今夏踊れず、楽しさ数倍」

 出演したのは、県阿波踊り協会に所属する有名連などの踊り手約180人。有名連「娯茶平」の岡秀昭連長(79)=同協会副会長=によると、藍場浜公園では5列で踊るのが通例だが、間隔を取るため3列に変更したという。踊り手たちは笑顔で、ぞめきの音に合わせて華麗な手さばきの男踊りや、しなやかな女踊りを披露した。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文551文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集