「秋の宝石」柿のカーテン 全国に5万個出荷へ 広島・尾道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
天日干しされる干し柿=広島県尾道市御調町菅で2020年11月19日午前11時5分、渕脇直樹撮影
天日干しされる干し柿=広島県尾道市御調町菅で2020年11月19日午前11時5分、渕脇直樹撮影

 広島県尾道市御調町菅の尾道柿園(宗康司社長)で、干し柿作りが最盛期を迎えている。ひもにつるされた柿がカーテン状に干され、観光客を楽しませている。

 宗社長やアルバイト従業員ら8人が軒先でへた取りや皮むき作業にいそしむ。年末までに例年とほぼ同じ約5万個を仕上げ、全国に出荷する。

 40~50日間天日干しすると、糖分が白…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文300文字)

あわせて読みたい

注目の特集