東京・調布道路陥没 付近地中に新たな空洞発見 NEXCO東日本、工事との関係不明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
10月に陥没した住宅街の道路=東京都調布市で2020年10月18日、本社ヘリから玉城達郎撮影
10月に陥没した住宅街の道路=東京都調布市で2020年10月18日、本社ヘリから玉城達郎撮影

 東京都調布市の住宅街で起きた道路の陥没で、NEXCO東日本は22日、付近の地中で二つ目の空洞が新たに見つかったと発表した。ただちに道路の陥没につながるものではないとしているが、速やかに埋めるという。直下の大深度で行われている東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事との因果関係は不明としている。

 NEXCO東日本によると、空洞は21日午後、調布市東つつじケ丘2の住宅や市道がある場所の地下4メートルで見つかった。大きさは幅3メートル、長さ27メートル、深さ4メ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集