メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬の夜彩るイルミネーション 「がんばろう」の思い、あかりに込め 静岡

点灯したイルミネーションをスマートフォンで撮影する通行人たち=静岡市葵区で、2020年11月13日午後5時22分、水戸健一撮影

[PR]

 静岡市葵区の中心街で冬を彩るイルミネーションが華やかにきらめいている。19万球のLEDが青葉シンボルロードから常磐公園までの約500メートルにわたり、ゴールドやブルーの光を放つ。I LOVE しずおか協議会と市の共催。来年2月14日まで続く。

 13日夜にあった点灯式で協議会の森恵一会長は新型コロナウイルスの流行に触れ、「あかりがつくことで『がんばろう しずおか』を共有し、楽しい気持ちになってほしい」とあいさつ。イルミネーションが輝き始めると、通行人が早速、足を止め、スマートフォンで写真撮影などを楽しんでいた。【水戸健一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです