メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに570人が新型コロナ感染

「いい夫婦の日」佐賀で暮らす夫婦5組の日常、パネルで紹介 唐津の浜辺で企画展

波戸岬海水浴場そばの広場に設置されたパネル=佐賀県提供

[PR]

 11月22日は「いい夫婦の日」。新型コロナウイルスの感染拡大で、バルーンフェスタや唐津くんちなどイベントが次々と中止になる中、佐賀の魅力を考える機会にしてもらおうと、佐賀県は22日から県内5組の夫婦の日常に目を向けた特別企画展を始める。29日まで。県は「身近にある当たり前の景色や人に目を向け、佐賀での暮らしの魅力や幸せを感じてほしい」とPRする。【池田美欧】

 県の魅力を全国に発信する「サガプライズ!」事業の一環。企画展は「恋人の聖地サテライト」に選ばれた波戸岬(唐津市)にある海水浴場そばの広場で開催する。佐賀▽唐津▽伊万里▽嬉野▽太良――に住む5組の夫婦の「日常にある幸せ」を縦・横各1・3メートルのパネル2枚ずつで紹介する。

 結婚式や企業の祝賀イベントなどをプロデュースするオア明奈さんが10月下旬にそれぞれの夫婦にインタビューをして、パネルに添える文章を書き上げた。オアさんは「どんな特産品や有名な観光名所よりも佐賀にある日常が魅力的だと感じた。この展示をきっかけに少しだけ立ち止まって、いつもそばにいる存在に目を向けてみて」とコメントした。

 企画展と連携してツイッターでハッシュタグ「#佐賀がいい」を付けて佐賀で暮らす魅力を発信する企画も実施する。12月上旬には県内のカフェで、展示内容を冊子やポスターとして展示する企画もある。県の担当者は「オープンエアで密にもならない。気軽に来て見てもらいたい」と話した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです