メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤沢女流立葵杯が決勝へ 平田七段に中押し勝ち 若鯉戦

藤沢里菜女流立葵杯

[PR]

 囲碁の第15回広島アルミ杯・若鯉戦準決勝が22日午前、広島市で行われ、藤沢里菜女流立葵杯(22)が前回優勝者の平田智也七段(26)に242手で中押し勝ちし、決勝に進出した。女流棋戦以外での女流棋士の決勝進出は2019年の竜星戦で準優勝した上野愛咲美女流本因坊(19)以来で、優勝すれば女流初の快挙となる。

 藤沢は前日21日の1、2回戦で、大谷直輝三段(27)と上野に勝って4強入りしていた。午後の決勝戦では、昨年の新人王戦で優勝した孫喆七段(24)と対戦する。【丸山進】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです