メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立劇場「11月歌舞伎」第2部、22日の上演中止 出演者1人の感染確認

国立劇場のホームページ

[PR]

 東京・国立劇場で公演中の「11月歌舞伎」第2部の出演者が新型コロナウイルスに感染し、日本芸術文化振興会は22日、同部の上演を中止した。

 同振興会によると同日、第2部の出演者1人に発熱の症状があり、PCR検査で陽性反応が確認されたという。感染者の名前は公表されていない。同公演の千秋楽は今月25日だが、23日以降の上演については検討中という。

 同公演は2部制で、第2部は「彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち) 毛谷村」に、人間国宝の片岡仁左衛門さんらが出演。同振興会は「お客様ならびに出演者・スタッフの安全・安心を最優先に、感染拡大防止に取り組む」としている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 東京で新たに584人の感染確認 過去最多

  4. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  5. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです