メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに570人が新型コロナ感染

1カ月で軽症中等症者倍増の大阪 綱渡りの病床確保、感染拡大に追いつかぬ恐れ

大阪府庁周辺=大阪市中央区で、本社ヘリから

 新型コロナウイルスの感染者が急増している大阪府では、重症者用病床だけでなく、軽症中等症者用の病床確保も綱渡りの状態となっている。府は18日、最悪の場合、1カ月後に目標確保病床数(1400床)の2・6倍にあたる約3600人の患者が発生するシミュレーション結果を明らかにした。重症に分類されないまま亡くなるケースも少なくないため、手遅れの対応は許されない。20日時点で実際に稼働できるのは929床にとどまる。府は19日、医療体制を最高の「フェーズ4」に移行し、医療機関への協力依頼を強めている。

 府によると、10月下旬に約200人だった軽症中等症患者は、11月20日時点で536人と倍増。府は流行が落ち着いていた段階では「フェーズ1」として500床を確保してきたが、10月30日にフェーズ2で800床、11月9日にフェーズ3で1000床と、段階的に確保目標を増やしてきた。

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです