メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁

クイーンズ駅伝 日本郵政グループが大会新記録で連覇

2連覇を指で示しながら1位でフィニッシュする日本郵政グループの大西ひかり=弘進ゴムアスリートパーク仙台で2020年11月22日、和田大典撮影

[PR]

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は22日、宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台に至る6区間42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3回目の優勝を果たした。2位は積水化学、3位は豊田自動織機。

 日本郵政は1区で広中璃梨佳が2年連続の区間賞。3区で積水化学の新谷仁美が区間新記録を出して首位に立った。日本郵政は5区で東京オリンピック・マラソン代表の鈴木亜由子がトップを奪い返し、そのまま逃げ切った。

 4位のワコールは、3区で東京五輪マラソン代表の一山麻緒が区間3位で6人抜き、6区で福士加代子が区間2位となり、順位を二つ上げた。11位の天満屋は、3区で東京五輪マラソン代表の前田穂南が区間8位で順位を五つ上げた。

 東日本大震災のあった2011年から始まった宮城開催は節目の10回目。新型コロナウイルスの感染防止のため、沿道での応援自粛を呼びかけて実施した。

(記録は速報値)

各チームの順位は次の通り。

①日本郵政グループ

②積水化学

③豊田自動織機

一斉にスタートする選手たち=宮城県松島町で2020年11月22日、和田大典撮影

④ワコール

⑤デンソー

⑥ヤマダホールディングス

⑦パナソニック

⑧九電工

⑨ダイハツ

⑩エディオン

⑪天満屋

⑫資生堂

⑬三井住友海上

⑭大塚製薬

一斉にスタートする選手たち。中央は日本郵政グループの1区・広中=宮城県松島町で2020年11月22日、和田大典撮影

⑮スターツ

⑯ユニバーサルエンターテインメント

⑰日立

⑱肥後銀行

⑲ルートインホテルズ

⑳シスメックス

(21)ホクレン

(22)鹿児島銀行

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです