特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

三菱自動車倉敷が勝利 新人右腕・広畑が昨年覇者のJFE東を相手に快投 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【千葉市(JFE東日本)-倉敷市(三菱自動車倉敷オーシャンズ)】倉敷市の先発・広畑=東京ドームで2020年11月22日、西夏生撮影
【千葉市(JFE東日本)-倉敷市(三菱自動車倉敷オーシャンズ)】倉敷市の先発・広畑=東京ドームで2020年11月22日、西夏生撮影

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会は22日、東京ドームで開幕した。開幕試合では、16年ぶり8回目出場の倉敷市・三菱自動車倉敷オーシャンズが、前年覇者の千葉市・JFE東日本を3―1で破り、2回戦に進んだ。千葉市は2012、13年の横浜市・JX-ENEOS(当時)以来6チーム目(7回目)の連覇を果たせなかった。大阪市・大阪ガスに続き、2年連続で前年優勝チームが初戦で姿を消す波乱となった。

 倉敷市が新人右腕・広畑の快投で逃げ切った。広畑は再三走者を背負いながらも、150キロ超の直球を軸に要所を締めて完投勝利。打線も一回、田村の左前2点打で先制し、二回は平山の左越え適時二塁打で加点した。千葉市は四回に猪田の右前適時打で1点を返すも拙攻が目立ち、投手陣の粘りに応えられなかった。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文863文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい