メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天満屋、11位シード落ち 東京五輪マラソン代表・前田「思うような走りできず」

たすきを渡す天満屋3区の前田穂南=仙台市宮城野区で2020年11月22日、和田大典撮影

[PR]

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は22日、宮城県内の6区間42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3回目の優勝を果たした。2位は積水化学、3位は豊田自動織機。

 天満屋は11位と振るわず、予選会が現行方式となった2015年以降で初めてシード権を逃した。

フィニッシュする天満屋のアンカー小原怜=弘進ゴムアスリートパーク仙台で2020年11月22日、和田大典撮影

 故障明けの1区・三宅が18位と出遅れ、3区で18位でたすきを受けた東京オリンピック・マラソン代表の前田は13位まで上げたが、区間新を出した積水化学・新谷から2分16秒遅れの区間8位。今夏は課題のスピード練習を強化し、5000メートルと1万メートルで自己記録を更新したが、夏場の疲れが抜けきっていなかったといい、「思うような走りができず、走ってみないと分からないような状態だった」と悔しがった。

 1992年の創部以来、山口衛里、坂本直子ら多くの五輪マラソンランナーを輩出し、クイーンズ駅伝でも優勝1回の名門だが、最後まで入賞争いに絡めなかった。10年の優勝を知る唯一のメンバーで、アンカーで4人を抜いた小原は「皆足りないものは分かったと思う。もう一回はい上がるための材料にしたい」と前を向いた。【伝田賢史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. NTT東日本が2点追加 火ノ浦が犠牲フライ 四国銀をリード 都市対抗

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. 労働審判口外禁止は「違法」 長崎地裁が初判断「原告に過大負担」 全国に影響も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです