天満屋、11位シード落ち 東京五輪マラソン代表・前田「思うような走りできず」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
たすきを渡す天満屋3区の前田穂南=仙台市宮城野区で2020年11月22日、和田大典撮影
たすきを渡す天満屋3区の前田穂南=仙台市宮城野区で2020年11月22日、和田大典撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は22日、宮城県内の6区間42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3回目の優勝を果たした。2位は積水化学、3位は豊田自動織機。

 天満屋は11位と振るわず、予選会が現行方式となった2015年以降で初めてシード権を逃した。

 故障明けの1区・三宅が18位と出遅れ、3区で18位でたすきを受けた東京オリンピック・マラソン代表の前田は13位まで上げたが、区間新を出した積水化学・新谷から2分16秒遅れの区間8位。今夏は課題のスピード練習を強化し、5000メートルと1万メートルで自己記録を更新したが、夏場の疲れが抜けきっていなかったといい、「思うような走りができず、走ってみないと分からないような状態だった」と悔しがった。

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集