両足の靴脱げたまま4キロ以上 クイーンズ駅伝の最長区間で三井住友海上の片貝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シューズが脱げたまま3区を走り切ってたすきをつなぐ三井住友海上の片貝(左)=仙台市宮城野区で2020年11月22日、和田大典撮影
シューズが脱げたまま3区を走り切ってたすきをつなぐ三井住友海上の片貝(左)=仙台市宮城野区で2020年11月22日、和田大典撮影

 駅伝日本一を決める「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」が22日、宮城県内で行われた。13位に終わって8位以内のシード権を逃した三井住友海上は、3区(10・9キロ)で片貝洋美(29)が6キロ過ぎに両足の靴が脱げ、靴下のまま最後まで走るアクシデントがあった。

 9位でたすきを受けた片貝は靴下が破れて…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集