大関では稀勢の里以来22場所ぶり 貴景勝2回目優勝 照ノ富士が技能賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
照ノ富士(右)を押し出しで降し、優勝決定戦を制した貴景勝=東京・両国国技館で2020年11月22日、喜屋武真之介撮影
照ノ富士(右)を押し出しで降し、優勝決定戦を制した貴景勝=東京・両国国技館で2020年11月22日、喜屋武真之介撮影

 大相撲11月場所は22日、東京・両国国技館で千秋楽を迎え、大関・貴景勝が、小結だった2018年九州場所以来2年ぶり2回目の優勝を果たした。大関の優勝は17年初場所の稀勢の里以来22場所ぶり。貴景勝は来場所で綱取りに挑む。

 結びの一番で貴景勝は小結・照ノ富士に敗れ、照ノ富士に13勝2敗で並ばれたが、…

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文238文字)

あわせて読みたい

注目の特集