メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大関では稀勢の里以来22場所ぶり 貴景勝2回目優勝 照ノ富士が技能賞

照ノ富士(右)を押し出しで降し、優勝決定戦を制した貴景勝=東京・両国国技館で2020年11月22日、喜屋武真之介撮影

[PR]

 大相撲11月場所は22日、東京・両国国技館で千秋楽を迎え、大関・貴景勝が、小結だった2018年九州場所以来2年ぶり2回目の優勝を果たした。大関の優勝は17年初場所の稀勢の里以来22場所ぶり。貴景勝は来場所で綱取りに挑む。

 結びの一番で貴景勝は小結・照ノ富士に敗れ、照ノ富士に13勝2敗で並ばれたが、優勝決定戦を押し出しで制した。

 照ノ富士が技能賞。幕尻ながら11勝を挙げて終盤まで優勝争いに加わった志摩ノ海、19年春場所以来の返り入幕で10勝した千代の国が敢闘賞を受賞した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです