快走の積水化学・新谷 圧巻区間新でもチーム2位に「期待に応えられなかった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3区、日本郵政グループの鍋島(左)を抜いて先頭を走る積水化学の新谷仁美=宮城県多賀城市で2020年11月22日、吉田航太撮影
3区、日本郵政グループの鍋島(左)を抜いて先頭を走る積水化学の新谷仁美=宮城県多賀城市で2020年11月22日、吉田航太撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は22日、宮城県内の6区間42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3回目の優勝を果たした。2位は積水化学。エース区間の3区で新谷仁美(32)が区間新を出し、首位に立つ快走を見せた。

 8年ぶりの宮城路で、ハーフマラソンの日本記録保持者が圧巻の走りを見せた。そろって積水化学に加わり、2区で区間賞を出した卜部からたすきを受け取った時点で、先頭の日本郵政グループとは10秒差。ハイペースで追い上げ、世界選手権代表経験のある日本郵政・鍋島を1キロ手前で追い抜くと、従来の…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

あわせて読みたい

注目の特集