メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

快走の積水化学・新谷 圧巻区間新でもチーム2位に「期待に応えられなかった」

3区、日本郵政グループの鍋島(左)を抜いて先頭を走る積水化学の新谷仁美=宮城県多賀城市で2020年11月22日、吉田航太撮影

[PR]

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は22日、宮城県内の6区間42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3回目の優勝を果たした。2位は積水化学。エース区間の3区で新谷仁美(32)が区間新を出し、首位に立つ快走を見せた。

 8年ぶりの宮城路で、ハーフマラソンの日本記録保持者が圧巻の走りを見せた。そろって積水化学に加わり、2区で区間賞を出した卜部からたすきを受け取った時点で、先頭の日本郵政グループとは10秒差。ハイペースで追い上げ、世界選手権代表経験のある日本郵政・鍋島を1キロ手前で追い抜くと、従来の区間記録を1分10秒更新し、55秒の貯金を作った。

 しかし、「55秒しか離せず申し訳ない。期待に応えられなかった」と反省ばかりが口をついた。というのも、日本郵政に比べると4区以降の分が悪く、戦略上、3区終了時に1分半のリードを求められていたからだ。結果的にチームは5区で逆転を許した。

 2012年大会でユニバーサルエンターテインメントの優勝に貢献したが、故障で14年1月に引退。一般企業勤務を経て18年に実戦復帰し、一緒に練習する昨年の日本選手権中距離2冠の卜部と今年から積水化学に加わった。社会人経験から「駅伝で勝てば企業は商談で相手先に興味を持ってもらえる」と考え、優勝争いの経験のない後輩たちに「優勝を狙う」と声を掛けた。

 2位はチーム最高成績だ。しかし、個人で日本一を知る自身や卜部以外の選手も悔しがり、笑顔はなかった。仲間に優勝への思いが伝わっていることを確信し、「今の気持ちを持って来年まで練習していけば、絶対に優勝できる」と雪辱を誓った。【小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです