「川崎の『か』の字もない。あきらめたわけじゃない」 ガンバ執念の1勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【浦和-ガ大阪】後半、ヘディングでゴールを決めるガ大阪の高尾(背番号27)=埼玉スタジアムで2020年11月22日、宮間俊樹撮影
【浦和-ガ大阪】後半、ヘディングでゴールを決めるガ大阪の高尾(背番号27)=埼玉スタジアムで2020年11月22日、宮間俊樹撮影

○ガ大阪2―1浦和●(22日・埼玉)

 ガ大阪が浦和に逆転勝ちし、この日試合のなかった首位川崎の優勝は持ち越しになった。

 浦和に引き分けるか負けると、川崎の優勝が決まる一戦。ガ大阪のFW宇佐美は「川崎の『か』の字も(意識に)ない。あきらめたわけじゃないが、(勝ち点)差もすごく広がっている。目の前の一試合一試合を勝つしかない。試合にただただ勝ちたい」。その一心でピッチに立った。

 前半は互いに決めきれず、無失点で折り返した。ガ大阪の宮本監督は「1点差(の勝負)になる」と感じたという。後半17分に浦和に先制を許したが、4分後に宇佐美のゴールで同点とすると、同36分に左CKからDF高尾が頭で合わせて勝ち越した。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集