特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

セガサミー、零封リレーでトヨタ撃破 北阪の一発守り切る 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東京都(セガサミー)-豊田市(トヨタ自動車)】東京都の先発・草海=東京ドームで2020年11月22日、西夏生撮影
【東京都(セガサミー)-豊田市(トヨタ自動車)】東京都の先発・草海=東京ドームで2020年11月22日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会は22日、東京ドームで開幕し、1回戦2試合が行われた。第2試合では2年ぶり11回目出場の東京都・セガサミーが昨年準優勝で6年連続22回目出場の豊田市・トヨタ自動車に2―0で勝ち、2回戦に進んだ。これに先立つ開幕戦では、倉敷市・三菱自動車倉敷オーシャンズが前年覇者の千葉市・JFE東日本を3―1で破った。

 東京都が3投手の継投で零封勝ちした。草海が140キロ前後の直球とスライダーなどで打たせて取り、六回途中無失点と好投。救援陣も危なげなかった。打線は二回に北阪が先制2ランを放った。豊田市は右腕・栗林が7回を投げて13奪三振も一発に泣いた。打線も4安打と沈黙し、送りバント失敗や走塁ミスなど拙攻だった。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文883文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする