ソフトバンク連勝 13得点大勝、巨人を圧倒 日本シリーズ第2戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【巨人-ソフトバンク】三回表ソフトバンク無死一塁、グラシアルが左中間へ2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2020年11月22日、徳野仁子撮影
【巨人-ソフトバンク】三回表ソフトバンク無死一塁、グラシアルが左中間へ2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2020年11月22日、徳野仁子撮影

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2020」は22日、京セラドーム大阪で第2戦が行われ、ソフトバンクが13―2で巨人に大勝し、対戦成績を2勝とした。

 ソフトバンクは広島と対戦した2018年の日本シリーズ第3戦から10連勝となり、第1戦で更新した最多連勝記録を伸ばした。ポストシーズンは14連勝。巨人は楽天と対戦した13年の第7戦から7連敗になった。

 日本シリーズは7試合制で先に4勝したチームが優勝。ソフトバンクは4年連続11回目、巨人は8年ぶり23回目の日本一を目指している。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文722文字)

あわせて読みたい

注目の特集