メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク連勝 13得点大勝、巨人を圧倒 日本シリーズ第2戦

【巨人-ソフトバンク】三回表ソフトバンク無死一塁、グラシアルが左中間へ2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2020年11月22日、徳野仁子撮影

[PR]

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2020」は22日、京セラドーム大阪で第2戦が行われ、ソフトバンクが13―2で巨人に大勝し、対戦成績を2勝とした。

 ソフトバンクは広島と対戦した2018年の日本シリーズ第3戦から10連勝となり、第1戦で更新した最多連勝記録を伸ばした。ポストシーズンは14連勝。巨人は楽天と対戦した13年の第7戦から7連敗になった。

 日本シリーズは7試合制で先に4勝したチームが優勝。ソフトバンクは4年連続11回目、巨人は8年ぶり23回目の日本一を目指している。

 23日は試合がなく、第3戦は24日、福岡ペイペイドームに舞台を移して行われる。第6戦があれば、再び京セラドームに戻り、巨人のホームゲームが開催される。

○ソフトバンク13―2巨人●(22日・京セラ)

 ソフトバンクが大勝した。一回に柳田の適時二塁打などで3点を先取。甲斐とグラシアルの本塁打で加点し、七回にデスパイネの満塁弾で突き放した。石川は六回途中2失点と試合を作った。巨人は継投で流れを止められず、打線もウィーラーの2ランのみと湿った。

 ソフトバンク・工藤監督 一回から得点できたのが大きかった。(六回途中2失点の石川は)よくゲームを作ってくれた。緊張感もある中でしっかりと投げてくれた。

 巨人・原監督 (先発の今村は)流れを相手に渡したかな、という感じ。1日あるので、猛練習してあさって(第3戦)に備えます。

第2戦の主な記録

<新記録>最多連続勝利10=ソフトバンク <タイ記録>1試合投手最多出場人員合計13=(巨)7(ソ)6▽1試合最多打点6=デスパイネ(ソ)▽満塁本塁打(21人目)=デスパイネ(ソ)▽連続試合得点9=グラシアル(ソ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです