特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

最後の都市対抗で悔やむ失投 広島ドラ1のトヨタ栗林「勝てる投手になる」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東京都(セガサミー)-豊田市(トヨタ自動車)】二回表東京都1死一塁、北阪に右越え2点本塁打を浴び、汗を拭う豊田市の先発・栗林=東京ドームで2020年11月22日、平川義之撮影
【東京都(セガサミー)-豊田市(トヨタ自動車)】二回表東京都1死一塁、北阪に右越え2点本塁打を浴び、汗を拭う豊田市の先発・栗林=東京ドームで2020年11月22日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会が22日、東京ドームで開幕し、前回大会準優勝の豊田市・トヨタ自動車は0―2で東京都・セガサミーに敗れ、1回戦で敗退した。

 「勝てる投手になる」。入社当時から掲げてきた目標だ。しかし、一発に泣き、チームを勝利に導けなかった。前回大会決勝でも1点リードの二回に逆転2ランを浴びて敗戦。「成長できていないというのか……」と唇をかんだ。

 二回1死一塁で東京都の8番・北阪を迎えた。2球目。「まだ1ボールだから」と、外角ギリギリの厳しいコースに投げるつもりだった。だが、力んだ直球が内角高めに甘く入り、…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文684文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする