メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湿るG打、追い込まれ凡打 気を吐くウィーラー、積極打撃でチーム初アーチ

【巨人-ソフトバンク】五回裏巨人1死一塁、ウィーラーが右越え2点本塁打を放つ(捕手・甲斐)=京セラドーム大阪で2020年11月22日、徳野仁子撮影

[PR]

〇ソフトバンク13―2巨人●(22日・京セラ)

 沈黙が続いていた巨人打線に、ようやく一筋の光が差した。

 7点をリードされ一方的な展開となった五回。1死から中島が死球で出塁し打席にはウィーラー。1ボール1ストライクから、外角低めの144キロを捉えた。球威があるソフトバンク・石川の速球に対抗するため、左足をほとんど上げずに振り切るコンパクトなスイング。逆方向へとぐんぐん伸びた打球は、右翼席に吸い込まれた。

 チームにとっても待望の今シリーズ初本塁打だったが、相手との点差もあってか、陽気なウィーラーの喜び方はやや控えめ。「つなぐことだけを考えて打席に入った。これで少しでも勢いをつけたい」と振り返った。

 ウィーラーの打撃には、強力なソフトバンク投手陣攻略の鍵となるヒントもあった。捉えたのは、追い込まれる前の3球目。四回までの巨人打線は、対戦経験が少ない相手投手に対して慎重になったのか第1ストライクの見逃しや、カウントを取りにきた球を仕留め切れない場面が目立った。その結果、追い込まれてから難しい球に手を出して凡退する悪循環が続いた。

 2死ながら満塁とした六回も、そうだ。相手3番手・高橋礼がカウント3―1から投じた速球はど真ん中に来たが、打席の中島は絶好球を見逃し。次の外角直球を空振り三振し、反撃の機運は一気にしぼんだ。

 対照的だったのがソフトバンク打線。序盤の猛攻は、各打者がいずれも2ストライクまではフルスイングを心がけて、早めに勝負を決めた。

 追い込まれる前に仕留める――。連敗し、重苦しさが漂う中でも、積極的、攻撃的な姿勢だけは失ってはならない。【角田直哉】

戸郷、リリーフでフル回転

 前夜の第1戦に続く出番は早々に訪れた。二回途中でノックアウトされた巨人の先発・今村を救援した戸郷。本来は先発を担う高卒2年目の若き右腕が、リリーフに回ってフル回転を続けている。

【巨人-ソフトバンク】三回表ソフトバンク無死一塁、グラシアル(奥)に2点本塁打を打たれ、打球の行方を見つめる巨人の戸郷=京セラドーム大阪で2020年11月22日、徳野仁子撮影

 150キロを超える直球に小さく沈むフォークに加え、力自慢の強打者たちに真っ向から立ち向かう強心臓ぶりを見せた。二回2死から登板。不慣れな連投の疲れも見せずに川島をフォークで空振り三振に仕留め、上々の形で試合に入った。

 三回にグラシアルに2ランを浴びたが、顔色は変わらない。直後に前夜のヒーロー、栗原を直球のみで3球三振に仕留めるなど後続を断ち、四回は無失点。2回3分の1を投げて2失点。緊急時にロングリリーフを担う「第2先発」として、相手の勢いを食い止めようと腕を振った。

 2年連続で臨む日本シリーズは、悔しさを晴らす場でもある。新人だった昨季、ソフトバンクとの第3戦に3番手で登板したが、1イニングももたずに4失点と打ち込まれた。

 あれから1年。2番手で登板した第1戦は1回無失点に抑え、屈辱からはい上がった姿に宮本投手チーフコーチは「将来、ジャイアンツを背負って立つエースになると確信できた」と目を細めた。まだ20歳。大舞台で重ねる経験が、伸び盛りの若手がさらに成長するための糧になる。【細谷拓海】

巨人・高梨

 (6番手で1回無失点に抑え)巨人の一員になり初めての日本シリーズだったが、0で帰ってくることができてよかった。ここまで来たら0で帰ってくることが一番。内容は関係ない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです