メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パワーカーブ威力発揮 タカ先発・石川好投「自分らしいテンポでいい流れ」

【巨人-ソフトバンク】力投するソフトバンクの先発・石川=京セラドーム大阪で2020年11月22日、久保玲撮影

[PR]

 日本シリーズ初先発となったソフトバンクの石川が六回途中2失点と役目を果たし「中継ぎの(ような)つもりだったが、違った緊張感があった。早い段階で点を取ってもらって感謝しかない」とほっとした表情を見せた。

【巨人-ソフトバンク】試合に勝利し、ファンの声援に応えるソフトバンクの先発・石川=京セラドーム大阪で2020年11月22日、久保玲撮影

 序盤から直球と変化球、どちらにも力があった。3点の援護をもらった一回、巨人の先頭・吉川尚に3ボールとするも直球で押し続けて最後は三ゴロに打ち取った。続く松原は簡単に追い込み、鋭く大きく曲がる「パワーカーブ」で見逃し三振。坂本は徹底的に外角を攻め、ボール球のスライダーを振らせて三振に仕留めた。

 六回に1死から坂本と岡本に連打を浴びて降板したが、後続の嘉弥真、高橋礼が反撃を許さなかった。石川は「初回から自分らしいテンポで投げることができ、いい流れを持ってくることができたんじゃないかと思う」と振り返った。【田中将隆】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです