メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

台東区にある「真鯛らーめん」が絶品のお店☆まるで鯛をそのまま食べているよう♪

情報提供:おとなの週末

船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。

JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラ(最寄駅:仲御徒町駅)

高級魚も丸ごと使用!魚の旨みが詰まった究極の鮮魚ラーメン

材料の3割が“身”という定番の「真鯛らーめん」はとろりとクリーミーで、まるで鯛をそのまま食べているような味。トッピングのすり身団子は、あえて鯛ではなく旬の魚を使い、食べ飽きない工夫をしている。ちなみに今の季節は真鱈のすり身団子。冬はアンコウ、夏はハモなどを使う予定だという。毎週水・土曜に提供している「限定らーめん」(20食限定)には、ノドグロやクエ、メヌケ、ハタ、オニオコゼといった1㎏8000円は下らない高級魚を使用。究極の鮮魚ラーメンがお目見えする。

味玉真鯛らーめん(塩)

980円 9e51de952bef526d2785ba67fea2ba2c 身の脂を乳化させてクリーミーに炊き上げる。茨城県産の豚肉で作る低温調理チャーシューも絶品 27771fa398182e631f1735cfe1c3a0b7 寿司屋直伝の漬けダレに漬けた「旬の海鮮漬け丼(小)」(350円)。この日は、長崎県産の生サバがのった。マグロやカツオ、マンボウがのる日も!

お店からの一言

3ef28987db4188d311492352e6eff8b6 店長 渡辺誠さん 「あっさり派には鯖だしらーめんがおすすめです!」

JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラの店舗情報

eb5a0b25eeeda00b6dd92e5f3d2815e9 [住所]東京都台東区台東1-32-6 [TEL]03-6806-0735 [営業時間]11時~15時、17時~21時(土11時~21時)※ランチタイム有 [休日]日(連休にかかる場合は最終日) [交通アクセス]地下鉄日比谷線仲御徒町駅1番出口から徒歩6分

電話番号 03-6806-0735
撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり 2019年12月号発売時点の情報です。

関連記事

麺屋はちどり|鶏の旨みをシンプルに追求(ラーメン/板橋区役所前)

麺家Shumen Doushi|元フレンチシェフの技が随所に光るラーメン(ラーメン/南与野)

らぁ麺 やまぐち|生醤油がフレッシュに香る3種の銘柄鶏で炊いた贅沢スープ(ラーメン/早稲田)

鯛塩そば 灯花(ラーメン/曙橋)|愛媛宇和島直送新鮮な真鯛を使用

柳麺 呉田 (goden)|鶏・豚・魚介の滋味をバランスよく抽出(ラーメン/北浦和)


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです