メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十和田湖を世界遺産に 9団体、「会議」設立 /秋田

十和田湖畔で色付いた木々の葉=青森県十和田市の十和田湖で2013年11月3日、伊藤奈々恵撮影

 青森、秋田両県にまたがる十和田湖や下流の奥入瀬渓流を世界遺産に登録しようと、青森県十和田市のNPO法人など民間9団体が19日、「登録推進研究会議」を設立した。専門家に意見を聞くなど課題を洗い出し、国や自治体に働き掛けていく考えだ。

 十和田湖や奥入瀬渓流は毎年多くの人が訪れる人気の観光地。世界遺産の…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. #セカンドキャリア 「便はダイヤモンドより価値がある」 起業したサッカー元日本代表の挑戦

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 全国の高校生が生け花「バトル」 事前収録の動画で腕前競う 高松

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです