メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 国内死者2000人超す 大阪や沖縄、増加目立つ

 新型コロナウイルスによる国内の22日の死者数は7人で、累計2001人となった。死者はこれまで42都道府県で確認され、全体の死者数が1000人に達した7月20日時点より9県増えた。新型コロナの被害が地方に拡大していることを改めて示した形だ。東京都では7月以降、死者の増加ペースが緩やかになっているが、大阪府や沖縄県などの増加が目立っている。

 都道府県の発表や、クルーズ船と空港検疫で確認された死者計14人の資料などをもとに毎日新聞が集計した。性別や年齢などを非公表とする自治体もあるが、取材などで確認できたものはカウントした。性別では男性1118人、女性662人。年齢別でみると80代が34%で最も多く、70代以上で74%を占めた。60代は8%、50代は3%だった。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです