特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 国内死者2000人超す 大阪や沖縄、増加目立つ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスによる国内の22日の死者数は7人で、累計2001人となった。死者はこれまで42都道府県で確認され、全体の死者数が1000人に達した7月20日時点より9県増えた。新型コロナの被害が地方に拡大していることを改めて示した形だ。東京都では7月以降、死者の増加ペースが緩やかになっているが、大阪府や沖縄県などの増加が目立っている。

 都道府県の発表や、クルーズ船と空港検疫で確認された死者計14人の資料などをもとに毎日新聞が集計した。性別や年齢などを非公表とする自治体もあるが、取材などで確認できたものはカウントした。性別では男性1118人、女性662人。年齢別でみると80代が34%で最も多く、70代以上で74%を占めた。60代は8%、50代は3%だった。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文734文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集