メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

桜美林学園理事長・日本私立大学協会長 佐藤東洋士さん=10月18日死去・76歳

佐藤東洋士さん=宮本明登撮影

非常時にこそ光る「私学魂」 佐藤東洋士(さとう・とよし)さん=多臓器不全のため、10月18日死去・76歳

 桜美林学園の広報担当者から電話で知らせを聞いた時、信じられなかった。ほんの数日前、元気に話してくれた佐藤さんが亡くなった、と。「新型コロナウイルス禍の中の大学教育」というテーマで、ジャーナリストの森健さんと対談してもらった。

 佐藤さんは1944年、中国・北京生まれ。桜美林大を卒業し、日本大大学院修士課程を修了(英文学)。桜美林大の教授を経て、96年に学長に就任。2003年には学校法人の理事長となり、今年6月には日本私立大学協会長に就任した。コロナの影響について私学全体の状況を語ってもらえると思い依頼したところ、快諾してもらった。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです