メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

劇的な早大優勝=公務員・東海林謙一・63

 (東京都立川市)

 東京六大学野球の秋季リーグで、早大が慶大を降して10季ぶり46回目の優勝を果たした。1点を追う九回2死一塁から左打者の蛭間選手が奇跡の逆転2ランを放ったのだ。正直なところ、私は早大が負けたと諦めていただけに、その瞬間、テレビの前で思わず絶叫し、涙があふれた。蛭間選手は前日にも決勝2ランを打っていて、驚くほかない。早慶戦…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです