メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「楽園」の光と影・タイのLGBT

/上 多様さ、歴史重ね 「安全でリラックス」 13世紀王国文書に女装男性

タイ中部サメット島のビーチ。「ゲイアイランド」と呼ばれ、人気を集めている=8月

 タイの首都バンコクからバスとスピードボートで約4時間。タイ中部サメット島は「ゲイアイランド」と呼ばれ、世界各国のLGBTなど性的少数者に人気のリゾート地だ。透明度の高いヒスイ色の海に、白砂のビーチが映える。「トゥブティムホテル」のオーナー、ウィティパさん(48)は言う。「週末は宿泊客の99%が同性カップルだったこともある。ここはとても自由で、性でお客さんを区別しません」。タイ政府職員のタナラットさん(51)は長年の常連客だ。土曜の昼にバンコクから同性の恋人や友人と訪れ、1泊して帰るのが定番だ。「安全で、自分の家のようにリラックスできるんだ」

 タイは、他国から「LGBTの楽園」と呼ばれる。バンコク中心部の「シーロムソイ2」では、狭い路地にバーやクラブがひしめき、週末は各国のLGBTの人々で遅くまでにぎわう。中部パタヤは、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの美しさを競うコンテストがあることで有名だ。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです