メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

三省堂/中 「初めて」への挑戦続く

明治時代の三省堂店舗。客らしい和装の学生が見える=社史「三省堂の百年」より

 <since 1881>

 創業者の亀井忠一(1856~1936年)は、江戸幕府旗本家の出身。明治時代、言論・出版界の礎を築いたのは新政府への「義憤」にかられた旧幕臣層だったといわれるが、亀井を際立たせるのは、実業家としての先見性と「実用性」への傾注だ。

 古書店創業3年後の1884年には最初の英語辞書を刊行、出版業に乗り出す。質素な体裁だが安価で、高い洋書に手が出ない学生には福音だった。

 その後、亀井は街を歩く学生の話をよく聞き、「携帯辞典は当たる」と直感したようだ。1922年には小型英和辞典の原形「袖珍(しゅうちん)コンサイス英和辞典」を刊行。「ポケットサイズ」という商品価値を生んだ。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです