メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

三省堂/中 「初めて」への挑戦続く

明治時代の三省堂店舗。客らしい和装の学生が見える=社史「三省堂の百年」より

 <since 1881>

 創業者の亀井忠一(1856~1936年)は、江戸幕府旗本家の出身。明治時代、言論・出版界の礎を築いたのは新政府への「義憤」にかられた旧幕臣層だったといわれるが、亀井を際立たせるのは、実業家としての先見性と「実用性」への傾注だ。

 古書店創業3年後の1884年には最初の英語辞書を刊行、出版業に乗り出す。質素な体裁だが安価で、高い洋書に手が出ない学生には福音だった。

 その後、亀井は街を歩く学生の話をよく聞き、「携帯辞典は当たる」と直感したようだ。1922年には小型英和辞典の原形「袖珍(しゅうちん)コンサイス英和辞典」を刊行。「ポケットサイズ」という商品価値を生んだ。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです