メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段-広瀬章人八段 第17局の4

後手持ち

 菅井の瞳が熱を帯びる。[先]6二歩は犠打。素直に[先]6四歩は[後]同香[先]同銀[後]同馬から[後]3六桂が厳しい。本譜は犠打の効果で飛車が捕獲可能だ。[後]6二同飛なら[先]6四歩で受け止められる。

 時刻は午後8時。大駒が入れ替わり、駒割りは飛車金と角桂香の交換で後手は更に駒得になった。[後]7八とに「ほー」と声が上がる。[先]8五飛には[後]6八と[先]6五飛[後]5八とと取り合って後手に分があるとの読みだろう。菅井は「逃げるわけにはいかないですもんね」と構わず飛車を打ち下ろした。頑として引かない。[後]5二銀打は強手。[後]3二銀打と美濃囲いを修復する順に比べて玉が広く、飛車取りで先手を取る利があ…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです