メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース検定に挑戦

今回は準2級 年金制度改革関連法について、正しい記述は?

 <受験のトビラ juken no tobira>

 ◆問題 年金制度改革関連法(2020年5月成立)について、正しい記述を(1)~(4)から一つ選びなさい。

 (1) 将来世代の給付水準を確保するため、年金の伸びを物価や賃金の上昇幅より低く抑える「マクロ経済スライド」が初めて導入される。

 (2) 年金の受給開始時期について、現在の60~70歳から75歳まで遅らせることが可能になり、受け取り開始が遅いほど年金が減る。

 (3) 働く意欲のある高齢者の就労を支援するため、一定以上の収入がある高齢者の厚生年金を減らす「在職老齢年金」の支給停止基準額が引き上げられる。

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです