メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ 観光地の活性化を 芝浦工業大工学部土木工学科准教授・楽奕平さん

芝浦工業大工学部土木工学科 楽奕平(レ・イピン)准教授=2020年11月12日午後2時11分、早川健人撮影

芝浦工業大工学部土木工学科准教授・楽奕平(れ・いぴん)さん

 スマートフォンのアプリを使って行楽客の行動に変化を促せないか研究している。観光を終えてマイカーで帰宅しようとする人に、今すぐ出発して渋滞に巻き込まれる場合と、渋滞を避けて1~3時間後に出発する場合の所要時間をアプリで知らせる。同時に、今から寄ることができる近場の観光スポット情報を提供する。滞在時間を長くできれば地元に落ちるお金が増えて渋滞緩和にもつながり、一石二鳥の経済効果が期待できる。実証実験で、観光農園などの営業時間や場所の情報をアプリに送ると、予想通りの…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです