メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ 観光地の活性化を 芝浦工業大工学部土木工学科准教授・楽奕平さん

芝浦工業大工学部土木工学科 楽奕平(レ・イピン)准教授=2020年11月12日午後2時11分、早川健人撮影

芝浦工業大工学部土木工学科准教授・楽奕平(れ・いぴん)さん

 スマートフォンのアプリを使って行楽客の行動に変化を促せないか研究している。観光を終えてマイカーで帰宅しようとする人に、今すぐ出発して渋滞に巻き込まれる場合と、渋滞を避けて1~3時間後に出発する場合の所要時間をアプリで知らせる。同時に、今から寄ることができる近場の観光スポット情報を提供する。滞在時間を長くできれば地元に落ちるお金が増えて渋滞緩和にもつながり、一石二鳥の経済効果が期待できる。実証実験で、観光農園などの営業時間や場所の情報をアプリに送ると、予想通りの…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです