連載

中性脂肪を考える

コロナ禍に伴う「ステイホーム」で食べ過ぎや運動不足が重なり、肥満になる人が増えているという。重大疾患の原因にもなる中性脂肪について5人の医師に聞く。

連載一覧

中性脂肪を考える

/2 動脈硬化、静かに進行 山下静也・りんくう総合医療センター理事長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山下静也・りんくう総合医療センター理事長=本人提供
山下静也・りんくう総合医療センター理事長=本人提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ――中性脂肪の値が高いと、どうなりますか?

 ◆成人ですと正常値の目安は血液1デシリットルあたり149ミリグラム以下です。これが1000ミリグラムを超えてくるくらい高くなりますと転げ回るような激しい腹痛、下痢に襲われる急性膵炎(すいえん)を起こすおそれが高まります。黄色いできものが全身に現れることもあります。そこまで値の高くない、軽度から中等度の高中性脂肪血症の方は「動脈硬化」を起こしやすくなります。これは目立った自覚症状がないまま進行します。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文860文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集