メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

現場のバス停に献花して手を合わせる大林三佐子さんの弟=東京都渋谷区幡ケ谷で22日、鈴木拓也撮影

 東京都渋谷区のバス停で路上生活者の大林三佐子さん(64)が頭を殴られて死亡した事件で、警視庁捜査1課に傷害致死容疑で逮捕された近所の職業不詳、吉田和人容疑者(46)が「事件前日にお金をあげるからバス停からどいてほしいと頼んだが、断られて腹が立った」と供述していることが捜査関係者への取材で判明した。捜査1課は一方的に不満を募らせて暴行を加えたとみている。

 吉田容疑者の逮捕容疑は16日午前4時ごろ、渋谷区幡ケ谷のバス停のベンチに座っていた大林さんの頭を殴り、外傷性くも膜下出血で死亡させたとしている。調べに「まさか死ぬとは思わなかった」と容疑を認め、「痛い思いをさせればいなくなると思って、持っていたポリ袋で殴った。ポリ袋に入れていたペットボトルだけでは軽いと思い、現場近くで拾った石を入れた」と供述しているという。捜査1課は22日、東京地検に送検した。

 吉田容疑者は実家の酒店を手伝いながらボランティアで地域のごみ拾いなどをしていた。事件当日は散歩に出た際に大林さんを見かけたとみられている。【土江洋範】

弟「まさか路上で」 昨年末、Xマスカード

 大林さんの弟(62)が22日、献花に訪れた。昨年末には大林さんからクリスマスカードを受け取ったが、10年間ほど連絡を取っておらず、住む家がなかったことも知らなかったという。取材に「…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです