メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に

外交は苦手? 「1対1」会談で外国首脳を引きつける菅氏の人心掌握術

会談前にオーストラリアのモリソン首相(左)と「肘タッチ」をする菅義偉首相=首相官邸で2020年11月17日午後5時15分、竹内幹撮影

 新政権発足から2カ月がたち、菅義偉首相が各国トップとの会談など首脳外交を本格化させている。官房長官時代は主に内政を担当し、対外的な政策にかかわる場面が少なかったこともあって「外交は苦手」と言われてきた菅氏。実際はどうなのか。首相就任前を含め、これまでの「菅外交」を振り返った。【政治部・青木純】

「極めて異例」、ペンス副大統領との会談演出した外務省

 菅氏の本格的な外交デビューは、官房長官在任中の2019年5月の訪米だ。…

この記事は有料記事です。

残り3791文字(全文4001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです