連載

#生きるのがつらいあなたへ

新型コロナの影響で多くの人が苦しみ、命を絶つ人も。過去に悩んだ経験を持つ人たちの話に耳を傾けてみませんか。

連載一覧

#生きるのがつらいあなたへ

フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ネット上などで深刻な中傷を受け、天台宗僧侶となった高橋美清さん=本人提供
ネット上などで深刻な中傷を受け、天台宗僧侶となった高橋美清さん=本人提供

 元フリーアナウンサーで僧侶の高橋美清(びせい)さん(55)は5年前、インターネット上にいわれのない中傷が拡散され、自殺未遂に追い込まれた経験がある。死にたい気持ちをどのように乗り越えたのか。そして今、苦しむ人に伝えたいことは何かを聞いた。【野村房代/統合デジタル取材センター】

毎日「今日こそ首をつってください」と中傷

 ――ネット上でひどい誹謗(ひぼう)中傷を受けたようですが、きっかけは何だったのでしょうか。

 ◆僧侶になる前は、フリーアナウンサー「高橋しげみ」としてテレビ番組の司会を務めていました。番組で共演した男性から1年以上にわたるストーカー被害を受け、男性が2015年にストーカー規制法違反の疑いで逮捕されました。男性が有名人だったため、ワイドショーなどで大きく取り上げられ、その際に私のことが「元交際相手」と報じられました。

 また男性が逮捕前、ブログに「(高橋さんに)クレジットカードで2000万円使われた」などと書いていたことから、「悪いのは女の方だ」といった非難が私の方に向けられたのです。

 私の母方の実家は代々、天台宗の寺院で、私も11年に僧籍に入っています。それを知る男性から悩み相談を受けていただけで、お金をもらったことはありません。ですが逮捕の約1カ月後、男性が事故で亡くなり、「事件を苦にしての自殺では」と臆測で報じられたことで、私が「加害者」扱いされるようになったのです。

 実際には100件以上の脅迫メールなどがあったにもかかわらず、逮捕容疑はその一部である「メール3通と電話14件」とされたことも、「それだけで死に追い込むなんて」といった批判につながったんだと思います。

 ネット掲示板に顔写真がさらされて「人殺し」と書かれ、ブログに毎日「今日こそ首をつってください」などといったメッセージが届きました。…

この記事は有料記事です。

残り2058文字(全文2824文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集