メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#生きるのがつらいあなたへ

フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

ネット上などで深刻な中傷を受け、天台宗僧侶となった高橋美清さん=本人提供

 元フリーアナウンサーで僧侶の高橋美清(びせい)さん(55)は5年前、インターネット上にいわれのない中傷が拡散され、自殺未遂に追い込まれた経験がある。死にたい気持ちをどのように乗り越えたのか。そして今、苦しむ人に伝えたいことは何かを聞いた。【野村房代/統合デジタル取材センター】

毎日「今日こそ首をつってください」と中傷

 ――ネット上でひどい誹謗(ひぼう)中傷を受けたようですが、きっかけは何だったのでしょうか。

 ◆僧侶になる前は、フリーアナウンサー「高橋しげみ」としてテレビ番組の司会を務めていました。番組で共演した男性から1年以上にわたるストーカー被害を受け、男性が2015年にストーカー規制法違反の疑いで逮捕されました。男性が有名人だったため、ワイドショーなどで大きく取り上げられ、その際に私のことが「元交際相手」と報じられました。

 また男性が逮捕前、ブログに「(高橋さんに)クレジットカードで2000万円使われた」などと書いていたことから、「悪いのは女の方だ」といった非難が私の方に向けられたのです。

 私の母方の実家は代々、天台宗の寺院で、私も11年に僧籍に入っています。それを知る男性から悩み相談を受けていただけで、お金をもらったことはありません。ですが逮捕の約1カ月後、男性が事故で亡くなり、「事件を苦にしての自殺では」と臆測で報じられたことで、私が「加害者」扱いされるようになったのです。

 実際には100件以上の脅迫メールなどがあったにもかかわらず、逮捕容疑はその一部である「メール3通と電話14件」とされたことも、「それだけで死に追い込むなんて」といった批判につながったんだと思います。

 ネット掲示板に顔写真がさらされて「人殺し」と書かれ、ブログに毎日「今日こそ首をつってください」などといったメッセージが届きました。…

この記事は有料記事です。

残り2058文字(全文2824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです