メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

「苦しむ子に頑張れとは言えない。でも…」ミャンマー生まれ森崎ウィンさんのエール

スターダストプロモーション提供

 2019年4月に改正入管難民法が施行され、外国人の在留資格が拡大された。政府は20年6月、日本に住む外国籍の子どもに対する日本語教育について推進施策に法的根拠を与え、国や自治体に支援体制の整備を促しているが、学びの場には多くの課題が残る。幼くしてミャンマーから日本に移り住んだ森崎ウィンさん(30)は、言葉の壁を乗り越え、俳優や歌手として活躍している。いじめや疎外。自らの経験を踏まえ、森崎さんが子どもたちに送るエールとは――。【聞き手・奥山はるな】

慣れ親しんだ街や祖父母、友人と離れるのが本当にさみしかった

 日本の公立小中高校には現在、日本語指導が必要な子…

この記事は有料記事です。

残り1923文字(全文2203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです