メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「ペラペラ王国」とは何? NHK新人落語大賞、笑福亭羽光さんに聞く

NHK新人落語大賞を受賞しポーズを取る笑福亭羽光さん。笑顔でないのは「策をめぐらし疲れ果ててたから」=2020年11月2日、東京都千代田区のイイノホールで油井雅和撮影

 23日放送されたNHK新人落語大賞で見事に大賞を受賞した笑福亭羽光(うこう)さん(48)。新人にしては遅咲き、鶴光門下で「東京で活動する上方落語」、そして今回唯一の自作の新作「ペラペラ王国」は、審査員にもお客さんにも「ファンファンファンファン」というフレーズを強烈にアピールした。羽光さんとはどんな落語家なのか。ご本人にうかがった。【油井雅和】

 --お客さんも年齢層高めで若い人がほとんどいなかったのに、メタ構造で回想シーンに切り替わる時の「ファンファンファンファン」が最後まで頭に残りました。

この記事は有料記事です。

残り4721文字(全文4969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 卓球を一緒にプレー 6人が感染 山口・下関でクラスター相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです