熊本知事、川辺川ダム水没予定地の五木村訪問 建設容認後初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本県五木村の村長や村議にダム建設容認に至った経緯を説明する蒲島郁夫知事(右)=同村で2020年11月23日午後4時29分、城島勇人撮影
熊本県五木村の村長や村議にダム建設容認に至った経緯を説明する蒲島郁夫知事(右)=同村で2020年11月23日午後4時29分、城島勇人撮影

 熊本県の蒲島郁夫知事は23日、球磨川支流の川辺川でのダム建設で村中心部が水没する同県五木村を訪問した。村を訪れたのはダム建設容認後初めて。蒲島知事は村役場で、木下丈二村長らに「五木村の皆さんには大変な混乱を招き申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪したうえで、村の振興を図るために県として新たに10億円の財政支援をすることを表明した。

 川辺川ダム計画を巡っては、水没予定地内の住民の移転がほぼ完了していた2008年に蒲島知事が計画の「白紙撤回」を表明。村はこの間、水没予定地を利活用して観光施設整備などに取り組んできたが、県がダム建設容認に方針転換したことで、再び村中心部が水没する見通しになった。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集