特急が踏切で軽ワゴン車と衝突、先頭車両が脱線 けが人なし 阪急神戸線

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
脱線した阪急電車の先頭車両=神戸市灘区宮山町1で2020年11月23日午後9時、中田敦子撮影
脱線した阪急電車の先頭車両=神戸市灘区宮山町1で2020年11月23日午後9時、中田敦子撮影

 23日午後7時40分ごろ、神戸市灘区宮山町1の阪急神戸線六甲―御影間の高羽踏切で、新開地発大阪梅田行き特急(8両)が軽ワゴン車と衝突し、特急の先頭車両が脱線した。車は無人で、乗客乗員約400人にもけがはなかった。運転していた宅配業の男性(42)が「近くの坂道に止めていたがサイドブレーキが甘かったかもし…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

あわせて読みたい

注目の特集