メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タネがなくなる日

<上>「中国から種が届きません」海外依存、コロナでリスク なぜ国内生産先細り?

アサヒ農園では販売前の種を自社の農場にまき、品質に問題がないことを確認している=愛知県一宮市で2020年10月27日午後0時39分、林田七恵撮影

 「中国から種が届きません」。愛知県稲沢市の種苗会社「アサヒ農園」の後藤成紀会長(52)は、社内の担当者の報告に肝を冷やした。今年1~2月、中国では新型コロナウイルスの感染状況が深刻化し、物流にも混乱が生じていた。中国国内の種苗メーカーに生産を委託していた野菜の種を輸入できない。後藤さんは「国内での採種を増やす必要もあると思った」と振り返りながら、こう付け加えた。「できるかどうかは別の話ですが」

 愛知県北西部、岐阜県南西部の一帯では戦国時代から野菜の栽培、採種が活発だった。近年は採種農家が年々減り、種の生産の軸が海外に移った。現在、国内で流通する野菜の種の9割は海外産で、アサヒ農園でも生産・販売する種の9割を海外に外注している。今年、中国から種が届いたのは半年後、夏になってからだった。海外依存のリスクを痛感した。

 とはいえ、国内回帰も容易ではない…

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文1736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです