日本生命、一進一退 七回にホンダ鈴鹿が再びリード奪う 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪市(日本生命)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】四回表大阪市無死、投前へのセーフティーバントを決め、一塁に滑り込む伊藤ヴ(下)=東京ドームで2020年11月23日、手塚耕一郎撮影
【大阪市(日本生命)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】四回表大阪市無死、投前へのセーフティーバントを決め、一塁に滑り込む伊藤ヴ(下)=東京ドームで2020年11月23日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第2日の23日、1回戦3試合。第1試合は日本生命(大阪市)とホンダ鈴鹿(鈴鹿市)が対戦した。

 ホンダ鈴鹿は一回、4番・伊礼が右前に適時打を運び幸先よく1点を先制。二回には、9番・長の中犠飛、四回にも2死三塁から8番・庄司の中前適時打で追加点を挙げた。

 日本生命は七回、無死一、三塁から6番・…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文354文字)

あわせて読みたい