特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ホンダ鈴鹿、2回戦へ 日本生命は九回1点差まで迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪市(日本生命)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】七回裏鈴鹿市1死二塁、前田が右中間に勝ち越しの適時三塁打を放つ=東京ドームで2020年11月23日、手塚耕一郎撮影
【大阪市(日本生命)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】七回裏鈴鹿市1死二塁、前田が右中間に勝ち越しの適時三塁打を放つ=東京ドームで2020年11月23日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第2日の23日、1回戦3試合。第1試合は5年連続25回目出場のホンダ鈴鹿(鈴鹿市)が、過去優勝4回を誇る名門・日本生命(大阪市)を5-4で退け、2回戦に進んだ。

 ホンダ鈴鹿は一回、4番・伊礼が右前に適時打を運び幸先よく1点を先制。二回には、9番・長の中犠飛、四回にも2死三塁から8番・庄司の中前適時打で追加点を挙げた。

 日本生命は七回、無死一、三塁から6番・皆川の右前適時打で1点。さらに、2死二、三塁とし、代打・早野が右翼線に適時二塁打を放ち同点。ホンダ鈴鹿はすかさずその裏、2番・前田、3番・貞光の連続適時打で2点を挙げ、再びリードを奪った。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文437文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい