特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT西の先発・浜崎、緩急付けて8回9K 東芝は継投が裏目 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【川崎市(東芝)-大阪市(NTT西日本)】力投する大阪市の先発・浜崎=東京ドームで2020年11月23日、平川義之撮影
【川崎市(東芝)-大阪市(NTT西日本)】力投する大阪市の先発・浜崎=東京ドームで2020年11月23日、平川義之撮影

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会は第2日の23日、1回戦3試合。第2試合は近畿第1代表で前回大会8強の大阪市・NTT西日本が、12年連続出場で前回大会4強の川崎市・東芝に6―0で快勝した。大阪市の先発・浜崎が8回無失点と好投した。

 大阪市が危なげない試合運びを見せた。四回に西川のソロで先制し、五回にも2死満塁から西川の3点適時二塁打と長田の適時打で計4点を追加した。先発・浜崎は緩急を付けた投球で、八回まで被安打2、毎回の9奪三振。川崎市は継投が裏目に出た。六回無死一、二塁の反撃機も生かせず、零封負けを喫した。

 大阪市・大原周作監督 (8回無失点の)浜崎は1年間通してああいう投球をするので見ていて安心。攻め続けるイメージ通りの野球ができた。(浜崎を先発にしたのは)大江、三菱重工神戸・高砂からの補強の森と比較し、浜崎の調子が良かったので、数日前から決めていた。(九回に森へ交代したのは)八回に捉えられていたのと、森がドームで投げていないので継投した。昨年は8強の結果を残せたが、決して満足していない。それ以上…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文745文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る