特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

ドラフト指名最年長の日本生命・阿部 社会人で培った技術と経験の33球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪市(日本生命)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】2番手で登板した大阪市の阿部=東京ドームで2020年11月23日、平川義之撮影
【大阪市(日本生命)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】2番手で登板した大阪市の阿部=東京ドームで2020年11月23日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は第2日の23日、第1試合で2年連続61回目出場の大阪市・日本生命は5年連続25回目出場の鈴鹿市・ホンダ鈴鹿に4―5で競り負け、1回戦で敗退した。

 「まだ日本生命のユニホームを着て試合をしたい」。大阪市の阿部は九回、祈るような気持ちでベンチから仲間の反撃を見守った。1点を返すも及ばず、日本一を目指した「西の名門」は初戦で姿を消し、自身最後になるであろう都市対抗の幕が閉じた。

 先発の高橋拓が四回途中までに3点を失い、なおも2死二、三塁の場面で阿部はマウンドに上がった。今秋から使い始めたスプリットも織り交ぜて三振を奪い、危機を断ち切った。続く五回も3者凡退に打ち取って反撃の機運を高め、七回の同点劇につなげた。

 しかし、…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文742文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る