特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

崖っぷちで輝く ホンダ鈴鹿・堀田 「勝てる投手」へ 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大阪市(日本生命)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】3番手で登板した鈴鹿市・堀田=東京ドームで2020年11月23日、西夏生撮影
【大阪市(日本生命)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】3番手で登板した鈴鹿市・堀田=東京ドームで2020年11月23日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第2日の23日、第1試合で鈴鹿市・ホンダ鈴鹿(東海第2代表)は5―4で大阪市・日本生命(近畿第5代表)を破り、2回戦進出を決めた。堀田晃が七回途中から3番手で登板し、2回3分の1を1失点で抑え、勝ち投手となった。

 1点差に詰め寄られた後の九回2死満塁。崖っぷちにも、西濃運輸からの助っ人は慌てなかった。大阪市の立花に対し「最も自信がある」という左打者への外角直球を4球続け、最後は投ゴロ。両手を突き上げた。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文686文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る