メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに570人が新型コロナ感染
サッカーキング

日本代表CB対決は冨安に軍配!…ボローニャ、吉田フル出場のサンプドリアに逆転勝利

情報提供:サッカーキング

ボローニャがサンプドリアを下した [写真]=Getty Images
 セリエA第8節が22日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアと同DF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。吉田は6試合連続、冨安は8試合連続となる先発フル出場を果たした。

 試合は開始早々の7分に動く。右サイドのコーナーキックを獲得したサンプドリアは、アントニオ・カンドレーヴァがキッカーを担当。インスイングのボールを供給すると、ファーサイドから中央に突進してきたモーテン・トルスビーは、冨安のマークを外して頭で合わせる。強烈なヘディングシュートは、相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

 1点を追うボローニャは24分、マティアス・スバンベリのスルーパスから抜け出したリッカルド・オルソリーニがループシュートを狙ったが、クロスバーに弾かれる。それでも、ボローニャは44分に試合を振り出しに戻す。右サイドのコーナーキックからオルソリーニがインスイングで供給すると、ボールは相手DFヴァスコ・レジーニに当たってゴールに吸い込まれた。

 同点で折り返すと、51分にボローニャが逆転に成功する。左サイドのムサ・バロウが切り返しから右足でゴールに向かうクロスを送ると、ファーサイドから飛び込んだオルソリーニが頭で押し込んだ。

 追いつきたいサンプドリアだが、攻撃のアイディアに欠いて決定機を生み出せない。そんななか、86分にクラウディオ・ラニエリ監督が審判に対する抗議でレッドカードを提示されて退席処分となってしまった。

 試合はボローニャがリードを守り切ったまま終了。サンプドリアは2連敗となり、今季4敗目。ボローニャは3試合ぶりの白星で今季3勝目となった。次節はコッパ・イタリア4回戦を挟んで行われ、サンプドリアは30日にアウェイでトリノと、ボローニャは29日にホームでクロトーネと対戦する。

【スコア】
サンプドリア 1-2 ボローニャ

【得点者】
1-0 7分 モーテン・トルスビー(サンプドリア)
1-1 44分 オウンゴール/ヴァスコ・レジーニ(ボローニャ)
1-2 51分 リッカルド・オルソリーニ(ボローニャ)

【関連記事】
●C・ロナウド2発で得点ランク首位イブラに並ぶ…ユーヴェ、カリアリに完封勝利
●イブラがミラン同僚にPS5をプレゼント! チーム全員分を購入か
●マンC指揮官、トッテナム戦敗戦に「スタッツが全てを物語っている」
●今冬の移籍が報じられたイスコ…ジダン監督は明言を避ける「話す必要はない」
●マンUの課題とは? FW陣のシュート決定率がプレミアワーストに

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです