メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ウイグル 迫害された人々」 教皇、初の懸念表明

フランシスコ・ローマ教皇=AP

 フランシスコ・ローマ教皇が12月1日発売予定の新刊で、中国の新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族が置かれている人権状況への懸念を初めて表明した。ロイター通信によると、ウイグル族のほか、ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」やイラクの少数派ヤジディー教徒を取り上げ「私はしばしば迫害された人々のことを思う」と叙述しているという。

 教皇は過去にロヒンギャやヤジディー教徒と対面してきたが、ウイグル族や香港情勢を巡る中国の人権状況に関して沈黙してきた。ローマ教皇庁(バチカン)は、中国政府との間で司教の任命方法を巡る暫定合意の延長協議を進めていたため、教皇は政治的配慮から沈黙していたとみなされ、カトリック教会内外から批判されてきた。暫定合意は10月22日、2年間延長されたことから、教皇がウイグル族について発言した可能性もありそう…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです