メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

その不自由さ、正しいか シンガー・ソングライター 小室等さん フォーク歌い半世紀、コロナ禍の日本へ問い

歌手の小室等さん=東京都練馬区で2020年11月18日、吉田航太撮影

 日本のフォーク音楽の草分けであるシンガー・ソングライター、小室等さんが23日、77歳になった。半世紀以上にわたって「プロテストソング」を歌い続けてきたレジェンドは、「喜寿」を迎えてなお精力的にメッセージを発信している。コロナ禍の日本社会は、小室さんの目にどう映っているのだろうか。

 「あの日のことをよく覚えています。僕の27歳の誕生日の2日後でした。あれを機に、彼の本を読むのをパタッとやめました」

 1970年11月25日、東京・市ケ谷の自衛隊駐屯地で割腹自殺した三島由紀夫のことだ。その前年、東大全共闘との公開討論会に出席した際の三島の発言に、小室さんは「ある種のかっこよさ」を感じたという。東大に乗り込んだ三島は、会場を埋め尽くした1000人以上の学生を前に、こう述べた。

この記事は有料記事です。

残り2639文字(全文2978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです