メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

オンライン化するバレエ 根強い「劇場至上」 リモート指導に活用も

Kバレエ「海賊」リハーサルでのカメラテスト。客席に計4台が設置された=斉藤希史子撮影

 新型コロナウイルス禍が、コミュニケーションのオンライン化を進めている。今春の自粛期間中、世界の名門バレエ団は競うように資料映像を無料公開した。「何があっても興行は続ける」との決意表明だ。しかし、資金は有限。在京の各団はこの10月、約半年ぶりの公演再開に当たり、こぞって舞台の有料配信に取り組んだ。

   ■   ■

 3日に牧阿佐美バレエ団が「眠れる森の美女」を、スターダンサーズ・バレエ団が「ドラゴンクエスト」を中継。新国立劇場バレエ団は31日の「ドン・キホーテ」に先駆け、新芸術監督・吉田都のトークなど特別動画も制作した(全て現在も視聴可能)。

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです