メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

/158 澤田瞳子 画 村田涼平

 その中に、大友(おおともの)村主(すぐり)に従っていた少年が混じっているのは、一日も早く伊賀(いがの)王子(みこ)と大友氏を親しませようとの鎌足(かまたり)の計らいだろう。

「麻呂(まろ)と申します。以後、よろしくお願いいたします」

 と額田(ぬかた)に頭を垂れた少年は利発そうで、愛らしい面差(おもざ)しといい、なるほど伊賀王子の舎人(とねり)にはもってこいだ。加えて、大友村主の遠縁に当たる麻呂は、生家では三人の弟妹の世話を一手に引き受けていたそうで、早くも摑(つか)まり立ちを始めた御子の世話も巧みであった。

 だがそんな一見、朗らかな宮の光景とは裏腹に、遷都に反対する人々の声はいよいよ高くなり、額田の配下の宮人(くにん)の中にも、不安を口にする者が現れ始めた。

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです